上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は引き続き足摺で休養中のじじの様子と、歩き始めた19日目の様子です。

写真説明はじじメール原文のままです。

足摺ではアイアイも同行しています。



P506iC0017957350.jpg

状況報告と足摺海中展望塔


足の状況ですが、まめがつぶれて化膿したのと、足の甲が腫れていましたが、良くなりま
したので明日の朝、出発します。明日は38番札所を打ちますので応援よろしくお願いしま
す。




遍路の決まりごとについて


歩き遍路を通し1から88まで歩き通す事です。途中、宿とか何かの理由で公共機関等を使っ
て先に進んだり、後戻りをする場合は必ず同じ方法で元の位置に戻ってから出発しなけれ
ばならない決まりがあるようですので、じじも明日その方法で行きます。



P506iC0018022887.jpg

桜浜海水浴場です。


今日は、これで終ります。



<19日目>



P506iC0018088424.jpg

足摺岬にある38番札所にて。 38番札所 金剛福寺


今日は、足摺岬から約28キロ歩いて今、四万十市の素泊まりの宿にいます。足の具合いも
靴を変えてから調子が良さそうです皆さんから頂いた貴重なお金で買いました。



靴と靴下の重要性について報


歩き遍路で靴と靴下を最重要性として考えておくべきでした。じじの愛用している靴は26
センチですが、毎日、長時間歩いていると足が腫れて午後には大変きつくなりますのでま
めができやすくなります靴下もしわのならない伸縮性と速乾性のものを選ぶのが良いと気
がつきました。



・・・・・・・・・



アイアイはすでに京都に帰っており、再びじじの一人歩き遍路が始まっています。
スポンサーサイト
更新があいてしまいすみません。
(更新担当者の家庭事情のためです。じじは元気に頑張っています)

2日分まとめての更新になります。

メール原文のままです。




P506iC0018153961.jpg

無事、38番札所から前進


37番札所から44番札所まで、342キロもありますから大変ですが、ようやく食事どころの水車から前進することができました。
結局、この地を3回も往復しました。今日も足が順調で39番札所のすぐ横の民宿に泊まっています。
明日からも頑張ります。





P506iC0018219498.jpg

畑の鳥よけに風車が一杯です


今日は、高知の南国市の56歳の男性と生き投合して楽しい一日を送ることができました。
不思議と宿も同じでした。




P506iC0018285035.jpg

愛媛県に入りました。


徳島は、発心の道場、23札所約、221キロ、高知は、修行の道場、16札所、約384キロ、愛媛は、26札所、約、360キロ、香川は、23札所、約、153キロ、今日、11時に愛媛県に入りました。






P506iC0018350572.jpg

高知県最後の札所39番(延光寺)です。


高知県での遍路は、土佐の美しい島じま、そして潮の香り夕飯には鰹のたたきなど楽しい反面、本当に厳しい遍路道でした。
皆さんの応援でやっと愛媛にたどり着く事ができました。




遍路22日目。
愛媛県に突入です。

じじからのメール、写真説明は原文ままです。


P506iC0018416109.jpg

高知県最終の39番札所です。
(延光寺)


高知県の札所巡礼では、悲喜こもごもの一杯詰まった遍路でした。




P506iC0018481646.jpg

愛媛県に入りました。


愛媛県は、菩提の道場です。



P506iC0018547183.jpg

愛媛県最初の40番札所です。 (観自在寺)


40番札所を参拝後、雨が降りだし新しいメッシュの靴は水に弱く困っていたところ、目の
前にホ-ムセンタ-があるがまだ、時間が7時、ここの店は9時開店たが、何とかお願いした
ところ気持よくレジを開けてくれました。副店長に感謝、感謝。

追伸


店で買った物は、ゴム長靴でした。結局この靴で5日、6日の二日間50キロ歩きましたが、
ぬかるみの遍路山道を歩けたのも、この靴のお陰と重いけれどもリックに入れて歩いてい
ます。


P506iC0018678257.jpg

41番札所 龍光寺


7日は、41,42,43,番の札所を


今日は、朝から良い天気で比較的距離の詰まった三箇所を打ちました。



P506iC0018743794.jpg

42番札所 仏木寺



P506iC0018809331.jpg

43番札所 明石寺



明日から、44番札所を打ちますが距離は、61キロもありますので、二日間かかります。
頑張ります。





・・・・・・・・


久しぶりのじじ語録です


なんと今回は3つ!




車から小さな子供が、お遍路さん頑張ってねの励ましにがぜん頑張る遍路道



トンネルを越えれば越えるほど雨が強くなる山多き遍路道



雨靴の重さで肩にくいこむ辛き道なれどこの靴のお陰でどろんこの遍路道乗りきった。




じじメール


路の難しさについて


たしかに、足の痛さやその他、いろいろありますが、宿を予約する難しさです。
札所から札所の距離間で予約しなければならいが、遍路をする人は皆、同じことを考えて行動しているので同じ宿に集中するので大変です。
特に休日などは、もっと大変ですが最近は、宿に着くとまず、距離を計算して二日か三日前に予約をしています。








すみません。
まとめて3日分の更新です。

愛媛県に入り、快調に歩みを進めてるじじです。
これも皆さんの応援のおかげです。

では本日のメール、写真説明も全てじじメール原文のままです。



P506iC0018874868.jpg

愛媛県にも、富士山あり。


愛媛県大洲市にも、冨士山がありました。正式名称です。

昨日は、愛媛県の気温が31度


さすがにこの暑さにまいりました。昨日、今日と愛媛県は真夏なみの気温でそのなかで70キロ歩くと大変でした。
一日、ポカリ、お茶と脱水症状を防ぐ為にはやむおえません。
足のまめも花盛りですが今は、まめも身内と考える様になりました。
明日は、44,45番を打つために同じ宿で二泊します。




P506iC0018940405.jpg

久万高原町の浄水場です。





P506iC0019005942.jpg

久万高原町の小学校です。


なぜか、ホテルの様な小学校です。


国道380号線の珍現象


国道380号線で、長さ710m、山の高さ約、600mで車が一台も通らない珍しい事がありました。
ほんらいは、排気ガスで大変なのにトンネルの中は大変に涼しく疲れが一時期、とれました。




P506iC0018678257.jpg

44番札所 大宝寺(だいほうじ)

4月10日一番札所を打ってから、今日で丸一ヶ月がたちました。一番札所から44番札所まで、870キロ歩き通す事ができました
これひとえに家族の皆様の応援のお陰と感謝します。
後、242キロとなりました頑張ります。



P506iC0019202553.jpg

44番札所 大宝寺(だいほうじ)

44番札所です、上が欠けてい(ます?)



P506iC0019268090.jpg


45番札所です。( 45番札所 岩屋寺)


画面が光って少し見にくいと思いますが、今日の宿では亀岡市のご夫婦と一緒になり楽しい夕食どきになりました




松山市内に入りました


今日は、46から49番札所まで打つ事ができました。松山市内の各札所は市街地にあり平坦な場所に有ります。
今までの険しい札所に比べればこんなに楽をして良いのかなと思った
りします。
遍路も人生と同じで、山あり、谷ありと思います。



P506iC0019333627.jpg

昔の遍路宿です。


この遍路宿は、明治の末期から大正の初期まで大変に繁盛したそうです。



P506iC0019399164.jpg

46番札所です。(浄瑠璃寺)

46番の追伸

46番には、山門が有りませんので、石碑を写しました。




P506iC0019464701.jpg

47番札所です。(八坂寺)



P506iC0019530238.jpg

48番札所です。( 西林寺)



P506iC0019595775.jpg

49番札所です。 (浄土寺)


49番札所を打ち終って鷹乃子温泉のホテルに素止まりで泊まっています。
できるだけ予算をきりつめて頑張っています。
88番を打ち終えるのは、5月23日ごろになる予定です


2007.05.14 27&28日
じじは元気に頑張っています。

愛媛に入ってからはかなり順調に進んでいるようです。


ではじじメールです。

じじメール、写真説明は原文のままです。

実はじじから先日「文章がおかしい所はコチラ(私)で修正してほしい」と依頼がありました。
が、じじからの原文に意味があると思うので明らかな意味不明な部分は加筆しますが、それ以外はそのままにしますと伝えました。



では本日のじじメールです。



・・・・・・・・・・




今治市に入りました。


西瀬戸大橋の四国の玄関口に来ています。今日は、松山の道後温泉の中心街を通りました。

ここで、じじ語録を一句


道後温泉の観光客を横目でちらちら見ながら歩く遍路道。


今日は、50から53番札所を打つ



P506iC0019726849.jpg

50番札所 繁多寺



P506iC0019661312.jpg

51番は、石手寺です。


石手寺には、山門は有りますが何番札所の明記が有りませんのでこの石碑を写しました。
余談ですが、石手寺の参拝者の多さには驚きました。



P506iC0019923460.jpg

52番札所 太山寺



P506iC0019988997.jpg

53番札所 円明寺




P506iC0020054534.jpg

お年寄りの憩いの場所で写す




今日は、54,55番札所を打つ。


54番札所までは、瀬戸内海の海岸に面した道路をひたすら歩く一日でした。
今日の宿はjR今治駅前のビジネスホテルに泊まっています。
足のまめもあまり苦にならなくなりました。
ただ暑さには参ります。



P506iC0020120071.jpg

54番札所 延命寺




P506iC0020185608.jpg

55番札所です。( 55番札所 南光坊)


55番札所は、jR今治駅のすぐ近くにあります



お遍路さんの接待について。


お遍路さんを接待していただく形には、お年寄りの皆さんがボランテァで、
お茶や、お菓子などを接待して頂くか、無人の休憩所を設けていただくか、
歩いていて突然、声をかけて呼び停められて果物、飲み物、パンなど頂くなどあります。
なかには手袋、タオルなど本当に心のこもった暖かいお接待を受けます。
この好意がどれだけ励みになるかしれません。
これは歩き遍路を経験した者しか分からないと思います。

中には、宿やの女将さんが、直筆の手紙を添えておにぎりを作って頂きました。
おにぎりを作って頂く宿は、何軒か有りました。







三日分もためてしまってすみません。
じじは順調に進んでいます。

私事ですが、今日じじから義母にお守りが届きました。
ありがとうございます。
(心臓の病気で入院したのですが、無事退院しました。)

では、本日もじじメール&写真説明は原文のままです。



・・・・・・・・・・・・・



西条市に入りました。


今日は、大変に暑く市街地に札所が点在する場合は、地図と標識を見落としては大変と苦労の連続です。
特に今日は歩く距離が長かったので疲れましたが、また、嬉しい事もありました
お昼のお弁当と120円お茶でも買いなさいとお接待を受けました。


今日は、56から59番まで打つ

P506iC0020251145.jpg

56番札所 泰山寺




P506iC0020316682.jpg

57番札所 栄福寺




P506iC0020382219.jpg

58番札所 仙遊寺




P506iC0020447756.jpg

59番札所 国分寺



民宿で泊まる場合、隣の部屋の仕切りは障子一枚ですのであまり大きな音をだすことができません
特に今日は隣の方は、8時前から電気を消して寝ておられますので、今日は、これで完了します。
明日は、かなりの難所ですが、頑張ります。




四国最高峰の石槌山の直下に


今日は、60番から63番札所まで打ちました。
特に、60番札所の横峰寺は、四国遍路の五本の指に入るほど厳しい登り下りでした。
今夜は、石槌温泉で疲れを休めています。
四国の宿は、安く宿泊できるので助かります。



P506iC0020513293.jpg

60番札所 横峰寺




P506iC0020578830.jpg

難所の横峰寺。


横峰寺は、2,2キロの登りと、8キロの下りが有り、本当に厳しい札所でした




P506iC0020644367.jpg

難所を前に迎えてくれる黄色い花。





P506iC0020840978.jpg

61番札所 香園寺



P506iC0020906515.jpg

61番札所は、近代的な札所です





P506iC0020775441.jpg

62番札所 宝寿寺





P506iC0020709904.jpg

63番札所 吉祥寺


明日は、目の前に64番札所を打って、ひたすら32キロ歩きます。
今日は、これで完了します。





今日は、64番札所を打つ


今日は、朝一番に64番札所を打ち、からだも足もすこぶる調子が良く今日の31キロの距離もこれならと思っていた矢先、
14キロ付近で突然足首が痛みだし途中でテ-ピングをして何とか宿まで到着しました。
油断大敵とはこの事ですね。今は氷で冷やしています。
外は、雨と風が強く明日は大変かな。
それから、今日80才のおじいさんから千円の接待を頂きました
その方は、ぜひ納め札に名前と住所と年齢を書いて下さいと言われました。
たぶん、その方は自分が遍路を回れないのでその納め札を家にお供えされると思います。





P506iC0020972052.jpg

64番札所です (前神寺)



明日も難所ですのでこれで完了します。


2007.05.18 32日目
最近まとめ更新が続き、読者の方をやきもきさせて申し訳ありません。

じじも頑張ってますので、こちらもラストスパート!
がんばっていきましょう。


では本日のじじメールです。

写真説明、メールは原文のままです。




P506iC0021037589.jpg

65番札所 三角寺



愛媛県最後の札所65番を打つ


今、徳島県の池田町で宿泊しています。
ここは、愛媛県、香川県、徳島県の三つの県が接している宿です。
明日は、四国遍路最後の難所66番雲辺寺を打ちます
香川県最初の札所です。


追伸


余談ですが、体重がついに64キロを切りました
空海さんの海を頂いて海食、海眠、海便、海足と報告したいのですが、残念ながら右足の足首が腫れて今、テ-ピングをして歩いています。
けれども最後まで頑張りますので応援よろしくお願いします。





2007.05.20 33.34.35日目
いよいよ残すところもあとわずか!

お遍路日記ラストスパートです。
応援よろしくお願いします。

じじメールと写真説明は原文のままです。


香川県最初の札所66番を打つ

四国遍路88カ所の中でロ-プウエイが有るのは、21番太龍寺と66番雲辺寺の二箇所だけです
。さすがにかなりの難所でした。また、同じ敷地の中に二箇所有るのは68番と69番だけで
す。札所も残り少なくなってきました。最後の力をふりしぼって頑張ります。



66.jpg

にくいですが、66番札所です。66番札所 雲辺寺



20070520221050.jpg

雲辺寺の中に有る500羅漢と思います。この石仏の名前が、少しあやふやです



67.jpg

67番札所です 67番札所 大興寺




6869.jpg

68番札所 神恵院
69番札所 観音寺



明日は、一挙に70番から76番札所を打ちます今日は、これで完了します。



70番から76番まで打
71番札所は、五重の塔が有りましたが、この塔は75番と京都の東寺しか有りません

70.jpg

70番札所です。70番札所 本山寺


71.jpg





20070520221126.jpg

71番札所です。71番札所 弥谷寺





72.jpg

72番札所 曼荼羅寺




73.jpg

73番札所 出釈迦寺




74.jpg

74番札所 甲山寺




75.jpg

75番札所 善通寺





76.jpg

76番札所 金倉寺



今、jR多度津の駅前のビジネスホテルに泊まっています。明日は、81番まで打ちます。い
よいよ88番が近付いてきました。明日も頑張ります。今日は、これで完了します。




77番から81番札所を打つ。
今日は、丸亀市を通り坂出市に来ています。丸亀市内は、直線の長い道路で行く手がはる
か彼方であそこまで歩くのかと思いながら歩きました。また、81番札所はかなりの難所で
参りました。おかげで体重が63キロを切ってしまいました



77.jpg

77番札所 道隆寺




78.jpg

78番札所 郷照寺




79jpg.jpg

79番札所 天皇寺




80.jpg

80番札所 国分寺



81.jpg

81番札所 白峰寺



20070520221324.jpg

81番札所白峰寺山頂から見た坂出市と瀬戸大橋です




20070520221332.jpg

丸亀城です




20070520221341.jpg

白峰寺から見た国分寺市です




mini.jpg

ミニ88カ所です。
80番札所国分寺にあるミニ88カ所で石碑に札所の名が刻んでありここを回るだけで結願で
きるようになっている



泣きごとは言いたくないが、かなり両足が痛んできましたが残り少なくなってきましたの
で最後まで頑張りたいと思います。今日は、これで完了します。


お遍路もラストスパート・・・!


なのですが,本日はじじからのメールが届きませんでしたので
今日の更新はお休みさせていただきます。

引き続き応援よろしくお願いします。
2007.05.22 36日目
yokoP506iC0022544940.jpg

昨日は、うたた寝をして送れず。
82番から83番まで打ちました。
82番札所 根香寺


P506iC0022610477.jpg


83番札所です
83番札所 一宮寺

 
P506iC0022676014.jpg

84番から85番までは、足を痛めたじじには本当にきつい札所でしたしかし、屋島からの展
望は素晴らしい景色でした。

84番札所 屋島寺

 
P506iC0022741551.jpg

85番札所です
85番札所 八栗寺


yokkoP506iC0022807088.jpg

屋島の展望台から見た屋島の海



P506iC0022872625.jpg


86番札所 志度寺


P506iC0022938162.jpg

87番札所です。
4月10日一番札所を打ってから41日、やっと87番札所までたどり着きました。明日は88番札
所をめざして頑張りたいと思います。

87番札所 長尾寺


明日は、四国遍路のまとめを送りたいと考えています。どのようなまとめになるかわかり
まぜんが、じじが体験した貴重な財産になったまとめにしたいと考えています。今日は、
これで完了します。


いよいよ明日で最終日です。
ラストスパートがんばっていきましょう!
皆様に応援頂き,無事に結願いたしました。
足が倍にはれあがり、かなり辛いようです。
父とは離れて暮らしておりますので様子を見る事はできません。
遍路中に出会った方からコメントをちょうだいしたり、お遍路ブログを立ち上げてよかったと家族も喜んでいます。

しばらく休んで,高野山へお参りへ行くようです。

じじからの遍路を振り返っての感想も届くと思いますので、もうしばらくブログを続けさせていただきます。
よろしくお願いします。





無事、88番を結願しました。
50才のころに、いつか四国88カ所を歩るき遍路をと考えていた事がその夢が実現できた喜
びで感激しています。これも一重に、家族はもちろんの事、多くの方々の励ましが有って
のことと深く感謝いたします。



P506iC0023003699.jpg

手に持っているタオルは、家族全員の激励文書き込みタオルです





P506iC0023069236.jpg

88番札所 大窪寺






P506iC0023134773.jpg




再度、全文追伸
去る、4月10日13時15分一番札所を出発して今日、5月23日11時55分無事結願した事をまず
もってご報告いたします。




あらためて、ブログ作成に参考にさせていただきましたサイト様
お遍路のススメ
ありがとうございました。

もう少し続きますので,よろしくお願いします。
今日からはあるき遍路のまとめをお送りします。
その1とタイトルをつけましたが、どこまで続くかはじじのみぞ知る。。。です。

ではスタートです。


四国歩き遍路まとめその1です


歩破距離、1,106km

歩破時間、472時間

歩破歩数、1,891,5006

多くの皆様から、物心両面の援助を頂いたので会計報告をしておきます。

宿泊費 238,330円
一泊二食付き
朝、昼、夕食費
素止まりの時
30,167円
飲料水費 ビ-ル、お茶、 その他、30,550円
納経費 26,400円
雑費 薬、その他、
9,200円
交通費 高速バス代
11,150円
結願記念品
11,700円
装備品費
28,500円
お遍路用品費
8,220円
合計 394,217円

以上、ありがとうございました。多額の金額を使わして頂きましたが、つづく


お金には、変えられない貴重な体験と、多くの方々の暖かい励ましと、心あたたまる交流
ができたことこれぞ人生最高の喜びではないでしょうか。
今日は遍路まとめその2です。



歩き遍路完歩証明書を授与


四国八十八ケ所遍路大使任命書を授与されました。第××××号

貴方は四国八十八ケ所歩き遍路約1,200キロを完歩され、四国の自然、文化、人との触れ合
いを体験されたので、これを証すると共に四国遍路文化を多くの人に広める遍路大使に任
命致します。の賞状とバッチを頂きました。


P506iC0023200310.jpg



任命書番号は一応伏せ字にさせていただいてます。


お遍路まとめ3



歩き遍路で大変なことは、宿の予約を決めることです。
その日、一日歩き宿に着くとまず、地図を広げ明日宿泊する為に自分が歩ける距離を頭に入れながら宿を探しますが、
これがまた、大変で他のお遍路さんもほぼ、同じ距離を歩かれるので同じ場所に集中するので
大変でした。
特に、五月の連休はどこも一杯で困りました。
また、どこの宿も後継者不足で廃業されるところもかなり有ると聞きました。
やはり、連休を外して予定を組むと比較的楽に宿が確保できました。
お遍路まとめ4


お遍路を出発する前の知識は、遍路スタイルは、金剛杖に菅傘、輪袈裟白衣と最低これだ
けは身に着けるものと思っていましたが、
いざ、遍路を歩いてみると、トレッキングスタイルの方、一見して登山スタイルの方、白衣だけの方など遍路スタイルが様々には、驚かされました。
これも現代風に遍路が様変わりしているんだと考えを新たににしました。
遍路まとめ5


金剛杖の威力は、このたびの歩き遍路でいろいろな形で発揮しました。

ごらんの通り杖の長さが10センチも短くなりました。
急な登り下り、足が痛くなった時など、この杖には大変にお世話になりました。


同行二人の通りいつもお大師様とあらゆる難所を歩き通せたのも
この杖のお陰と感謝しています。

20070528233635.jpg

歩き遍路まとめ6


歩き遍路で困った事はへんろみち保存協会が発行している地図を
理解するのに苦労しました。

特に市街地では、遍路標識が電柱やカ-ブミラ-などに張り付けてあるが、
よくよく見ていないとすぐに見落とします。
一旦、見落とすと知らぬ土地と方向がまったく分からなくなります。

また、国道や、県道ではしばらく標識が張り付けていないところも沢山あり
この道を行けば良いのかどうか不安になることもしばしば有りましたが、

やはり、大事なことは、磁石と地図を照らし合わせることと、
前日、宿で明日歩く道と目印をメモ帳などに書き入れておくとよい


本日、じじから福岡の妹のもとへ結願記念の品が届きました。
夫婦には数珠,子供たちにはお守りです。
ただいま,福岡に滞在中のブログ更新担当の私と主人にも一緒にお守りが届きました。
ありがとうございます。

20070529152423.jpg




20070529152431.jpg

歩き遍路まとめ7

歩き遍路で重要な事は一日歩いて体験したことや、
気がついたすべての出来事をメモにする習慣を身につけておくと
今後、何かの役にたつと考えてメモをしてきたつもりですが、
帰ってよくよく見てみるとあれが抜けているとか
あの事をもっと詳しく書き込んでおけばよかったと後悔しています


また、疲れてメモをとるのもいやな時もありましたが、
帰ってから目を通すとその時の思いでが頭に浮かび懐かしくなる今日このごろです。
じじ語録。


遍路が終りポッカリ空いた心の穴に何を埋めるか考える日々。



足もようやく前に進むようになり、明日は高野山にお礼参りいきます。
これでひとまず歩き遍路のじじとしてのけじめをつけたいと考えています。
体重もこの五日間で2キロ戻り現在、65キロになっていました。
やはり、人間は楽をするとすぐに太るんですね。
歩き遍路を終えて、少し休んですぐに高野山へお礼参りに出発。



高野山からのじじメールです。


メール本文、写真説明はじじメール原文のままです。




高野山への結願お礼まいり完


やっと高野山へのお礼参りを済ますことができました。
やはり、一週間も間が開くと少し間延びした様な感んもしますが、
これで四国歩き遍路のひとつのけじめがつき、感無量です。


P506iC0023331384.jpg





P506iC0023396921.jpg





P506iC0023462458.jpg


高野山奥の院の山道です。


この本堂の奥に弘法大師が入定された廟があります。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。