上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
私が、タイトルのようにこの目標を決めた平成19年から今年で八回になります。
この8年間に自分の目で見て、四国遍路旅はどの様に変わってきたかを箇条書きにしてみました。
まず、、1・間違いやすい場所に目印が増えたこと特に、外国人の方への英語のステッカーが目立つ様になり地図が無くてもほぼ、歩ける様になった事。
2、には、72番札所曼陀羅寺横の門先屋旅館の閉店に象徴される様に、お遍路さんが自分の歩ける距離にぜひ、泊まりたい民宿が、後継者不足で年々、少なくなっているのが現状です。
これからは、通しで遍路をされる方は、寝袋持参で旅をしなければならない時が近い将来には、来るかも知れない不安を感じます。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。