上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.05.07 20日目
■20日目(5月7日)

37番札所の岩本寺から38番札所の金剛福寺までの間、いろいろな事がありました。

その1、五日の高知は大雨で雨具の中に入れていた携帯電話を濡らしてしまい
一時、携帯が使えなくなってしまった事、
連休で宿が予約できずに同じ宿に二泊した事、その為に二日で80キロも歩いた事、
などなど大変でしたが、それなりに頑張り通した事に満足しています。
また、途中でバイクでツウリングをしていた若い男女が私にお遍路をされていて何か答えが見つかりましたかとの質問をされましたが、まだ答えは見つからないが目的、意識的に歩いていると答えておきました


また、若い方との会話のなかでもう一つ答えておきました。
今、私が遍路をしている大きな理由は家族、特に孫達にじじの頑張っている姿を見て育ってほしいと
願う為に歩いていますと答えたら、いいおじいさんですねと感心しきりでした。

今回、遍路をしていて特に気がついた疑問が二つほど有ります。
その1、よく門前でたくはつをされている方を見かけますが、先日ス-パ-の前で見かけた事ですが、自転車で普段着で来られてそこで遍路姿に着替へをされて入り口で立たれてたくはつをされたのを見て驚きました。

私は、たくはつとはもっと崇高で立派な修業と思っていましたが何となくがっかりしました。
もう一つは、札所によってかくも違うのかと思う事は、納経所で300円を払って納経して頂く方の態度ですが、一言ごくろうさんと云って頂ければわれわれ歩き遍路にとってどんなに励みになるかよく理解をされていない方がおられた事にがっかりした事。
もし、私の疑問に対してよく精通された方がおられましたらコメント下さい。
なお、この事は、宿の体験談の中に何度も耳にしている事をつけくわえておきます。


P506iC0043843859.jpg







Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。